11月11日は介護の日ということで、大東市にあるアクティブ・スクウェア・大東(深野北小学校跡地)にて開催された「介護の日ふぇすてぃばる2017」に参加してきました。
このイベントは、医療、福祉、介護に携わる者と地域住民との交流を図り情報の共有と地域社会を元気で笑顔が溢れる街にすることを目的とされています。

開催前日に雨が降りましたが、当日はとても良いお天気に恵まれました。

会場は大きく体育館と運動場の2つに分けて開催。
体育館では在宅医療や訪問看護についての講演や四條畷学園高等学校吹奏楽部による演奏。
運動場にはたくさんの協賛ブースや出店ブースが並び、バンド演奏や踊りなどもありとても活気があり賑わっていました!

場内を楽しんでいると、大東市のマスコットキャラクター「ダイトン」登場!

今回、体育館で行われる「ダイトンと一緒に!元気でまっせ体操!」では、
当ステーションの理学療法士 森本が「ダイトン」と一緒に体操させていただきました。

私たちも「介護の日ふぇすてぃばる2017」のような場をお借りして
医療、福祉、介護の意義や重要性についての周知・啓発活動を行っていきたいと考えています。

ちなみに、皆さんご存知だと思いますが、
「11月11日」を「介護の日」とする理由は「いい日、いい日」だそうです。

広報課 川口