はじめまして。

2月より非常勤職員として勤務させて頂いております、作業療法士の中辻 強(なかつじ つよし)と申します。

 リハビリの学校を卒業後、作業療法士として、肢体不自由児通園施設(現在の児童発達支援、児童デイサービスのような施設)に約5年勤務し、障がい福祉センター(地域生活をおくる障がい者が利用する施設)に約18年、そして急性期病院に約1年半勤務してきました。

 障がい福祉センターでの勤務では、障がい者が通所しての機能訓練や障がい者の自宅等に訪問して訓練のアドバイス、環境調整など、施設内外での訓練や相談対応を行っていました。乳幼児から高齢者までさまざまな方々との関わりがありましたが、介護保険制度が始まり高齢者の施設利用が減少、反面、発達障がいの相談が増加して、その関係で保育所や幼稚園、小・中学校などへも訪問させて頂きました。
 また、このときの縁で、訪問先の私立幼稚園でアルバイトもさせて頂きました。
 障がい福祉センターでの勤務同様、子どもの施設や病院での勤務もさまざまな経験や勉強をさせて頂きました。

 今までの経験を生かして、障がいをもって地域生活を送る人々やその家族、関係者等の生活がより豊かになるように取り組んでいきたいと思っています。

 ちなみに、私の趣味、と言えるかどうかわかりませんが…献血によく行きます。よく行く、と言っても頻度・年間回数など決まっているので毎月行くことはできないのですが…
 ボランティアとか、必要な誰かのために、という高尚な思いはほとんどなく、献血しないと献血ルームに行けないので献血しています。献血ルームでジュース飲んでクッキーなどをつまみ、本を読んだりボーッとしたりするのがお気に入りです。

 皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

作業療法士 中辻