こんにちは。
理学療法士の國武です。

桜が咲き出してだんだんと春が近付いてきましたね♫
私事ですが、この春で理学療法士8年目となります。月日が経つのは本当に早いものです。
毎年4月になったら理学療法士を目指すきっかけとなった原点に戻り、自身を見つめ直すようにしています。

私は学生の頃、スポーツで怪我をしてリハビリを受けていた経験があります。
スポーツ復帰に向けて最初は頑張ってリハビリをしていましたが、途中でリハビリが辛くなり続けることが出来ず復帰を諦めてしまいました。
その時に感じたことは、モチベーションを維持してリハビリを続けるということがとても難しいということでした。
だからこそ、『しっかりサポートをすることができる理学療法士になりたい‼︎』と思ったことが私の原点でした。

リハビリの成果を上げていくためには、モチベーションが重要になってきます。
モチベーションを維持するためには目標を決めることも大事なのですが、その目標に向けて一緒に頑張る私達療法士の関わり方も非常に大事になってくる思っています。

信頼できるかどうか、楽しいかどうか、私達の関わり方によってやる気が全然変わってきます。
身体機能面だけでなく一人一人その方の人生もしっかり診て、寄り添いながらリハビリを提供することが大事だと思っています。

「個人の能力×モチベーション×環境」
この原点となった考えを忘れずに、これからもサポートしていきたいと思ってます。

理学療法士 國武