こんにちは。作業療法士の笹岡です。
だんだん暑くなり、熱中症に注意しなければならない季節がやってきました。
水分補給をしながら乗り切っていきましょう!

さてさて、僕の趣味の1つにゲームがあるのですが、先日VR(バーチャルリアリティー)機器というものを購入して遊んでいます。
それはVR機器を用いて仮想現実の世界に入り込んで体験できるというものです。
時々、テレビや新聞でも紹介されています。

バーチャルリアリティの世界というのは初体験だったのですが、テレビなどでタレントが驚いているのを見て「そんなリアクション絶対嘘だわ~」と思ったいたのですが、いざ自分がやってみると、高い所に立っていたり、車を運転したりなど、テレビで見たリアクションそのままになっていました。

恐るべしVR(笑)

リハビリ的な話に繋げていくと、実際にVRを用いたリハビリや研究など現在進められています。

今までも錯覚を利用したリハビリはよく利用されたりしますが、VRのような鮮明な映像やリアリティのある錯覚を表現して用いたものがスタンダードになれば、楽しみながら効果的な手段として確立していくのではないでしょうか。

VRをリハビリ訓練に用いることで、限られた環境下でもできることが非常に多くなると考えています。
作業療法士の提供する支援ツールの一つとして、早期に活用できることを期待しています。

作業療法士 笹岡