こんにちは!
北エリア(北区、福島区、此花区、都島区)を中心に訪問している作業療法士の髙橋です。

今年は地震や台風と自然災害が多く被害にあわれた方もおられたかと思います。
また南海トラフ地震も遠くない将来起こる予報となっています。
災害を避けることは難しいですが、災害に備えて防災セットを準備しておくことはとても大切だと思います。
これから防災セットをそろえようと思っている方の参考になれたらと思い、今回は、私自身が枕元に置いている防災セットの中身を紹介したいと思います。

①非常食

カンパン等がよく使われている印象ですが、リッツは塩分もとれるし食べやすいので個人的にこっちです。

②サランラップ

有名な準備物です。食事の時にお皿にひいて洗い物を減らす。紐の代用。寒い時の保温。けがをしたときの止血、など使用方法がたくさんあります。

③笛

建物の下敷きになった時など助けを呼ぶ際に声を出すより音が通ります。

④ラジオ・懐中電灯

情報収集や停電時に使います。電池とセットで。

⑤耳栓

実はかなり大切らしいです。避難所などでは人が集まるので音が気になり寝られないことがあるそうです。

⑥救急セット

包帯、ばんそうこう、痛み止めの薬、ガーゼが入っています。

⑦メモとペン

伝言を残す際などに使えます。

⑧7徳ナイフ

爪を切るなど何かと便利に使えるそうです。


手袋やトイレットペーパー、マスク、カイロ、タオル、箸、ガムテープ、輪ゴムもあると便利です。携帯の充電器もあるといいですが、ずっと置いておくと自然放電して使えなくなるので、台風など来ることが分かっているときは準備しています。他にも水が入ったリュックも準備しています。僕は持っていませんがレバーを回して発電できるラジオと懐中電灯と携帯の充電器の機能が付いた商品もあるそうです。

皆さんは災害に備えてどんな準備をされていますでしょうか?
南海トラフ地震を始め、様々な災害に対してどのように備えていくべきか考えてみていただけたらと思います。

作業療法士 高橋