こんにちは。作業療法士の田中です。
早いもので今年も残りあとわずかです。かなり寒さが身に染みる時期になってきましたが、皆様お変わりないでしょうか?私は、毎日訪問先に伺うために、原付バイクに乗って寒さと闘いながら日々を送っております。

私事ですが、私の娘が今年で3歳を迎えることが出来ました。周りの皆様に支えられながら、ここまで来たという感じがしています。3歳ですので「七五三」という事になります。
そこで、私は戸惑いました。

「いったい何をしたらよいのか?」・・・・と

昔の自分の七五三の時の写真を思い出しました。大事そうにクマのぬいぐるみを抱いて、べそをかく自分が写っていたのですが、その時の記憶は全くありません。そこで七五三について色々調べました。その一部を皆様と共有したいと思い、紹介させていただきます。

・「七五三」と言えば11月15日
・奇数は縁起の良い数
・三歳は、女児が3歳まで髪を剃る習慣があったがそれを終了する年齢
・五歳は、男児が袴を着用し始める年齢
・七歳は、女児が大人と同じ帯をし始める年齢
・3+5+7=15という説
・15日は、鬼宿日(きしゅくにち)に当たり、鬼が出歩かない日とされて吉とされる日

などがありました。

皆様ご存知でしたでしょうか?

私は恥ずかしながら、奇数が縁起の良い数くらいならなんとなく記憶にありましたが、その他は全くの初耳でした。色々調べていると、何かを始める祝い事というのが七五三という行事のように思います。
子供の着物を合わせたり、写真撮影したり、様々な段取りを経て、無事七五三を迎える事ができました。普段なら条件が合わない限り顔を合わせない親族が、行事をきっかけにして有意義な時間を過ごすことができました。今まで気にもしていませんでしたが、11月になると様々な場所で「七五三詣」と書かれたのぼりがある事に気が付きます。そして、綺麗な和服を身にまとった子供やその家族の方が歩いておられるのが目に留まります。きっかけや興味関心事が人の意識や行動を変えるのだと思います。

皆さんは今どんなことに興味関心がおありですか?

療法士はその方にとっての興味関心事を大事にして利用者さまに関わっています。一緒に今よりも生活の質を上げるためにどうすればよいか考えてみませんか?

作業療法士 田中