寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになったこの頃。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
河内長野市、富田林市を中心に言語聴覚士をしています渡邊です。

最近寒さもあり、めっきり外に出ない日が続き、体力の低下を感じるようになってきました。。。
そのせいなのか、体調を崩してしまうことも度々あり…。

私の場合、通常の訪問業務は車を使用している為、どうしても動く頻度が減ってしまいます。
かといって河内長野市や富田林市を自転車でまわると途方もない時間がかかってしまいますが((+_+))
病院勤務時代は知らないうちに階段の上り下りで鍛えられていたみたいです。
リハビリで皆さんが良く言われている「日常の運動」の必要性を実感しました。

ということで、平日休みにて自宅から近くの「二上山」に登ってみることにしました。
「二上山」は奈良県と大阪府にまたがる山で、「ふたかみやま」とも呼ばれ、雄岳と雌岳の2つに山頂があります。
標高は500メートルくらいで、登山で知られている「金剛山」の半分くらいでしょうか。登山初心者向けの山です。

しかし、実際に登ってみると、急な坂道や階段があり、すぐに息が上がってしまい、山頂に到着した時には汗びっしょりでした(-_-;)
平日でしたが、意外にも登っておられる方がたくさんいて、皆さん習慣的に登っておられるようでした。
途中での草木を見たり、山頂での景色を満喫したり、久しぶり(中学生以来??)の登山は新鮮で楽しめました。

三日坊主にならないように定期的に登り、今年は5回登頂を目指したいと思います。(少ないですか?笑)

日々の生活とは違ったことをしてみると、身体が鍛えられるだけでなく、新鮮な気持ちになり脳にも良い影響がありますので、
是非、皆様もこの春は外に出て季節を感じてみてください。

くれぐれも体にご無理の無い範囲でお願いします

  
言語聴覚士 渡邊